京都教弘メール
京都教弘

京都教弘個人情報保護方針(プライバシーポリシー)

個人情報保護方針(プライバシーポリシー)

公益財団法人日本教育公務員弘済会(以下、当会といい、支部を含みます。)は、個人情報保護を重要な問題として捉え、以下の方針に基づき、正確性と機密性の保持、及び適切な利用に努めます。

1 利用目的について

当会は、適正に取得した個人情報を当会の目的事業(奨学、研究助成、福祉、教育文化、共済)の運営のために利用します。
(1)奨学事業:奨学金貸付の申請・貸付金交付・管理(返還金等を含む。)
(2)研究助成事業:研究助成金の申請・助成金交付・管理(教育論文等を含む。)
(3)福祉事業:各種補助金等の申請・補助金等交付・管理
(4)教育文化事業:各種補助金等の申請・補助金等交付・管理
(5)共済事業:共済事業加入申込み・継続管理・共済金支払い
  (教弘保険、教弘グループ保険、教弘付属保険等)
(6)その他、前各項の目的を達成するために必要な事業に付随する業務

2 個人情報の取得について

当会は、適法かつ公正な手段によって、個人情報を取得します。

3 個人情報の利用について

(1)当会は、個人情報を、取得の際に示した利用目的の範囲内で、業務の遂行上必要な限りにおいて、利用します。
(2)当会が、個人情報の取扱いを第三者に委託する場合には、当該第三者につき厳正な調査を行ったうえ、秘密を保持させるために、適正な監督を行います。

4 個人情報のグループとしての共同利用について

当会は、当会ホームページ上で公表している提携会社との間で、管理に必要な契約情報をグループとして共同利用します。

5 個人情報の第三者提供について

当会は、法令に定める場合を除き、個人情報を、事前に本人の同意を得ることなく、第三者に提供しません。

6 個人情報の管理について

(1)当会は、個人情報の正確性を保ち、これを安全に管理します。
(2)当会は、個人情報の紛失、破壊、改ざん及び漏えいなどを防止するため、不正アクセス、コンピュータウイルス等に対する適正な情報セキュリティ対策を講じます。
(3)当会は、個人情報を持ち出し、外部へ送信する等により漏えいさせません

7 保有個人データの開示・訂正・利用停止・消去等について

当会は、保有個人データについて、本人が開示、訂正、利用停止、消去等を求める権利を有していることを確認し、これらの要求ある場合には、別に定める保有個人データ開示等要領に基づき、速やかに対応します。
なお、保有個人データの開示については、当会の定めるところにより、所定の手数料が必要となる場合があります。

8 組織・体制

(1)当会は、個人情報管理者を任命し、個人情報の適正な管理を実施します。
(2)当会は、役員及び職員に対し、個人情報の保護及び適正な管理方法についての研修を実施し、日常業務における個人情報の適正な取扱いを徹底します。

9 個人情報管理コンプライアンス・プログラムの対策・実施・維持・改善

当会は、この方針を実行するため、個人情報管理コンプライアンス・プログラム(本方針、個人情報管理規程及び関連する他の規程、規則を含む)を策定し、これを当会職員その他関係者に周知徹底させて実施し、維持し、継続的に改善します。

10 苦情対応窓口

当会は、個人情報の取扱いに関する苦情等に対応するため、窓口を設け、誠実に対応します。

11 この方針の改廃は、理事会の議を経て行います。

制定 平成17年3月25日
施行 平成17年4月1日

保有個人データ開示等要領

(目的)
第1条 この要領は、公益財団法人日本教育公務員弘済会(以下、当会といい、支部を含む。)の個人情報保護方針第7項(保有個人データの開示、訂正、利用停止、消去について)並びに個人情報管理規程第16条(保有個人データに関する権利)に基づき、保有個人データの具体的開示方法等を定めることを目的とする。

(開示等)
第2条 当会は、保有個人データに関して開示・利用目的の通知の依頼があった場合には、本人からの依頼であることを確認のうえ、法令の定めにしたがい、特別な理由がない限り、必要な範囲内で、当会の定めるところにより、開示・利用目的の通知を行う。

(受付)
第3条 開示等申込は、当会本・支部の保有個人データに関する窓口(総務担当)で行う。苦情及び相談も同様とする。

(手数料)
第4条 開示又は利用目的の通知を請求する場合は、以下の手数料を必要とする。なお、それ以外の請求の場合、手数料は必要ない。
料金:1,000円(1件当たり、※定額小為替証書による支払い)
※定額小為替証書は、郵便局で発行している。額面1,000円の証書を購入し、必要書類とともに送付すること。

(訂正、利用停止、消去)
第5条 訂正については速やかに、利用停止・消去については、共済事業加入・継続並びに諸事業運営に支障(各種給付が受けられない。)のない限り、必要な範囲内で、当会の定めるところにより、応じる。期間は原則3ヶ月以内とする。

(要領の改廃)

第6条 この要領の改廃は、理事会の議を経て行う。
                             
制定 平成17年3月25日
施行 平成17年4月1日


広報誌会報誌のダウンロード
ダウンロード ダウンロード
京都教弘トップ

申請書ダウンロード
・人間ドック
・研究会参加補助・結婚記念品(1999年度以降)
・出産記念品(2015年度以降)


「学校研究助成金 申請書」ダウンロード
「学校研究助成金 成果報告書」ダウンロード

「出産記念品のご紹介」ダウンロード
いずれか一つを選択
・スリーピングタオル
・ファーストベビー食器
・ベビー用カタログギフト
※変更になる場合があります

「教育研究サークル助成金申請書」ダウンロード
「教育研究サークル助成金申請書 成果報告書」ダウンロード
「個人研究申請書」ダウンロード
「研究の概要」ダウンロード
 
紹介動画
京都教弘
日教弘ライフサポート倶楽部は、会員の皆様の福利厚生を総合的にサポートすることを目的としたサービスで、リソルライフサポート株式会社との提携により提供されています。
ライフサポートクラブへのリンク
公益財団法人 日本教育公務員弘済会 京都支部

〒606-8397
京都市左京区聖護院川原町4−13

TEL 075-752-0149 Fax 075-761-5162

E-mail info@k-kyoko.co.jp
※宿泊利用券のお申込はメールでは受け付けられません。お電話にてお申込ください。

Copyright © 2020京都教弘 All Rights Reserved.